長野県温泉旅館ゆもとや

長野県温泉旅館ゆもとや

弘長寺のあじさい

2016.06.24

休館日のこの日、14時までに仕事を切り上げ

松本市寿にある弘長寺にあじさいを見に行ってまいりました。

例年ですと、7月上旬が見ごろだそうですが、今年は早いようです。

無料で見られるのがいいですね。

 

さわやか信州旅ねっとより

弘長寺は、別名「信濃あじさい寺」としても知られており、約千株ものあじさいは、とても迫力のある見ごたえです。弁天堂を中心とした庭園に約千株の紫陽花が色とりどりに咲きます。例年7月上旬が見ごろとなります。

 

浅間温泉を出発して約30分で到着です。

中に入るとびっくりします。

視界にいっぱいのあじさいです。

見る価値ありありですよ。

そして、カメラマンもいっぱい。

ajisai1 ajisai2 ajisai10 ajisai4 ajisai5 ajisai6 ajisai7 ajisai8 ajisai9


花の百名山 入笠山 超お手軽トレッキング

2016.06.17

休館日のこの日、お昼過ぎまでに仕事を終わらせ

花の百名山 入笠山へやってまいりました。

すずらん祭りが6/30までやっております。

 

浅間温泉を出発して1時間弱

富士見パノラマリゾート ゴンドラ山麓駅に到着です。

 

ものすごい人が多いです。

団体様のバスもたくさん止まっています。

いや~な予感・・・。

そんなことは心配無用でした。

山を愛する人はマナーがいいです。

suzuran1

装備を整え出発です。

当然、山頂駅までワープします。

料金往復¥1650

suzuran2

10分で山頂駅に到着。

この時点で時間は14時すぎ。

最終のゴンドラは16:30。

急がないと最終に乗れません。

帰りにいただくのが普通だと思いますが、店が終わっている可能性があるため最初に頂きました。名物のルバーブソフト。ゴンドラチケットと一緒に割引券をもらいましたので¥300。(すずらん祭り期間中だからでしょうか?)見た目と味のギャップに最初の一口、吹き出しそうになりましたよ。

suzuran3

時間もないのでどんどん行きます。

ドイツスズランはもう終わりだそうです。

日本スズランが沢山咲いておりました。

見ごろです。100万本も自生しているそうです。

幻のホテイアツモリソウはどこにあるかわかりませんでした。

suzuran5suzuran7 suzuran6

あとちょっとです。

suzuran8

と思ったら、雨が降り出します。

結構、本格的に降ってきました。

ダッシュで山頂駅まで戻りました。

この木道の階段が歩幅に合わず、行きも帰りも苦労しました。

suzuran9

山麓駅に戻り、野草の苗をもらいます。すずらん祭りの特典だそう。

左がコアヤメ。青い花が咲くそうです。

右がミチノクコザクラ。こちらはピンクの花をつけます。

suzuran10

浅間温泉から1時間で着きますし、

山頂目指しても往復2時間弱。天気の良い日にゆっくりと来たい場所です。


さかき千曲川バラ公園~上田城跡公園

2016.06.11

浅間温泉から車で1時間。

さかき千曲川バラ公園にやってきました。

 

ばら祭りが日曜日まで開催しております。

ばら祭り終了後も遅咲きのバラが楽しめるそうです。

公園に入ると花のいい香りがしてきます。

 

人生初バラソフトクリーム、バラ団子をいただきました。

味はご想像におまかせいたします。

日が高く写真が撮りずらかったです。

bara1 bara2 bara3

この淡い色のばらが一番お気に入り。

品種は忘れました・・・。

bara4

続きまして、ここから15分

上田城跡公園に向かいます。

真田丸で人気爆発中ですね。

 

観光バスが沢山止まっております。

人が多いです。

bara5

団体の観光客のマナーが悪過ぎでびっくりしました。

歩きたばこにポイ捨て、順路を守らない、つばを吐く等々、ちょっと不愉快でした。

道いっぱいに歩いてくるので全く前に進めません。

(5メートルおきに左側通行の看板が出てるのに・・・。)

私達の他、個人客はあきれ顔で見てました。

 

気を取り直し中へ。

 

真田丸大河ドラマ館が入口にありましたので入ってみます。

ここがすごく面白くて時間を忘れ楽しみました。

ドラマ館から出ると何やら静かです。

店じまい・・・。

他施設も営業終了・・・。

 

とりあえず真田神社へ。

bara7 bara8

子供のころに見た戦争映画のドイツ軍のヘルメットみたいなのが・・・。

前から見ましょうね。

bara9

変な人がおります。

bara6

通り道に置かれているプランターにも六文銭が。

ポイント高いです。

bara10

今日一番の収穫。

ご当地ダンボー。

真田丸バージョン。

ドラマ館併設のお土産コーナーで見つけました。

真田丸グッズすごい種類があるんですね。

bara11

ここから約1時間かけて浅間温泉にもどりました。

 


北横岳~大岳登山~諏訪大社 その2

2016.06.10

前回のつづき。

北八ヶ岳ロープウェイさんろく駅を出発し15分

諏訪大社上社に到着。

kitayoko23

 

鳥居の奥にあるのが本宮2の御柱ですね。

でかいです。

kitayoko24 kitayoko25 kitayoko26 kitayoko28

そして、こちらが本宮1の御柱です。

さらにデカイ!!

これを人の力だけでこの場所まで運び立てるなんて・・・。

kitayoko29 kitayoko27

なんかあれです。

なんかバチが当たりそうで写真を撮るのがこわい・・・。

 

表参道?のお土産店へ。

ソフトクリーム・煎餅を堪能しました。名物のところてんも行っておけばよかった。

 

わんこ発見。わんこかわいい。

わんこ。

ドックカフェのわんこらしいのですが、

ラーメン店に何かおねだりかな???

kitayoko30 kitayoko31

 

朝八時台のロープウェ乗れば、この後さらにもう一か所どこか観光できそうです。

登山込みのモデルコースでいかがですか?


北横岳~大岳登山~諏訪大社 その1

2016.06.09

北横岳~大岳登山に行ってまいりました。

 

標準コースタイムは往復で3時間50分です。

山頂駅(70分)北横岳(40分)大岳

大岳(60分)北横岳(60分)山頂駅

 

浅間温泉を出発し1時間15分

北八ヶ岳ロープウェイさんろく駅に到着です。

kitayoko4

早速、装備を整え出発です。

今日のパーティーは、女将、20代のMくん、70代のおざじぃ、私の4人です。

一人、急遽仕事が入り不参加です。今度は一緒に登ろう!!

 

もう、おわかりだと思いますが、ここからロープウェイで山頂駅までワープします。

kitayoko2

お天気が良くないです。

天気が悪いと登山の楽しみが半減しますよね。

 

ロープウェイの利用者は、観光客7割、登山客3割と言ったところでしょうか。

あっという間に山頂駅に到着です。

 

再度、装備を確認し出発です。

山頂駅の周辺は坪庭と言われ、良く整備されています。

色々な植物、火山岩を眺めながら気持ちよく進みます。

浅間山の鬼押出しに似た雰囲気です。kitayoko22

kitayoko3 kitayoko5 kitayoko6

しばらく進むと登山道の入り口です。

登山装備のない人は、登山道には入らないようにと注意書きがありました。

kitayoko7

岩がごつごつしていて歩きにくいですが、斜度がきつくないのでどんどん行きます。

kitayoko8 kitayoko9 kitayoko10 kitayoko11

 

M君は若いだけあって、めちゃくちゃ早いです。

私は、休憩をとりながら、おざじぃと話しながらのんびり登ります。

 

このおざじぃは、数年前、槍ヶ岳に日帰りで往復してきたという、とんでもないスーパーおじいちゃんです。(私には絶対不可能です・・・。)

 

順調に進み北横岳ヒュッテに到着。

大休憩をとります。

kitayoko16kitayoko12

身体が冷え切る前に山頂に向け出発。

ここからは、距離が短いのできつくはないですが斜度がきつくなります。

kitayoko13

北横岳南峰に到着。

kitayoko14

続いてすぐ隣の北峰へ。

kitayoko15

 

景色は霧でまったくありません。

残念・・・。

ここからお隣の大岳ま行くつもりでしたが

この天気ですので、やめておきます。

 

お昼ごはんにしたいのですが、ここでの体感温度は氷点下。

ヒュッテまで戻ってからお昼にします。

おにぎり&カップラーメンです。

 

急ぐ必要が無いので、思いっきり休憩しました。

ビールの話なんかしてたら、飲みたくなりますよね。

 

まあ、我慢して7つ池に寄り道です。

kitayoko17 kitayoko18

池を見て下山します。

登るときは気がつかなかったのですが、残雪がところどころにありました。

kitayoko19

さくっと山頂駅まで降りて、ロープウェイでさんろく駅に到着。

kitayoko20 kitayoko21

距離、5.5キロ

休憩も入れて4時間15分でした。

(休憩しすぎ・・・。)

 

時間もまだ早いのでこれから諏訪大社に行きます。

続く。


新緑の国宝松本城

2016.05.27

昨日は松本医師会さんに用事があり出かけてきました。
医師会さんの建物は松本城のすぐそばにあります。
当然、少し早く出て寄ります。

3回目の登場ですが、
季節により様々な表情を見せてくれますね。

入場料は大人¥610ですが、当館ご利用のお客様には
¥300でフロントにて販売しております。お得です。

本丸庭園の隅っこに全国各地のお城の写真が展示してありましたが
私のお気に入りはやっぱり松本城です。
ワースト1は名古屋城(名古屋のかたごめんなさい)
天守のすぐそばにお土産店と自販機が2台しっかり写真に収まっております。
雰囲気ぶち壊しですよね。今は移設されていることを願います。
osiro8 osiro14 osiro13 osiro12 osiro11 osiro10 osiro9

 


大王わさび農場~地獄谷野猿公苑~姨捨棚田

2016.05.26

先週の休館日、お客様が早くチェックアウトになりましたので
畑に行き除草作業、水やり等をしました。

みんなすくすく育っております。
イチゴは鳥か何かに食べられてしまっております。

休館日はいつもたまった仕事をかたずけるため
仕事をするのですが、とてもいいお天気です。

畑からそう遠くない所に大王わさび農場がありますので
ちょっと行ってみます。

新緑のわさび田とてもよかったです。
足を清流に浸けられる場所があり、冷たくて気持ちよかったし
名物のわさびソフトクリームも微妙に美味かったです。

入場料無料もいいですね。

wasa20 wasa4 wasa3

wasa21

wasa22

天気も景色も良く、お出かけしたくなりました。
と、言うことで

1時間30分ほどかけて
あの地獄谷野猿公苑にやってまいりました。
そうです。温泉に入るお猿がいるところです。

入口の駐車場に車を止めて
装備を整え出発です。
あのお猿の露天風呂までは30分ほど歩きます。

出発してすぐ、おさるです。
近いのでちょっとこわい。

wasa6

途中で受付があり入苑料を払います。
ちなみに駐車料金1台¥500入苑料一人¥500です。

こいつ見張り役ですね。

wasa14

時期なのでしょうか?

子猿が沢山おります。

子猿かわいい。子猿。

wasa13 wasa12 wasa11 wasa8 wasa7

やはり寒くないと、お風呂入らないんですね。

ちょっと残念。。。

wasa10 wasa9

おさるも堪能したので下ります。

駐車場までの帰り道に森の中にイイ雰囲気のカップルが。

仲良さげ。

wasa15

次はここから帰り道方面にある姨捨の棚田へ。

高速を更埴インターで降り向かいます。

到着です。

 

棚田地区は車で入るのはだめらしいので

入口の無料駐車場に止めます。

歩いて登ります。

 

水の張ってある田んぼが少ないです。

全体の3割くらいでしょうか。

水の張ってある田んぼも、水を入れたばかりらしく

アク?が浮いており

ちょっとだけ来るのが早かったかな?

wasa16wasa17wasa18wasa19

日が落ちた後のブルーアワーも見たかったのですが

時間切れです。

毎朝4時起きで疲れ寝ていた女将から激怒電話が入りました。

ダッシュで棚田を駆け下り帰りました。

棚田登山疲れました。


日本百名山 美ヶ原トレッキング

2016.05.17

日本百名山のひとつ

美ヶ原トレッキングに行ってきましたので
ご紹介します。

山本小屋駐車場~王ヶ頭~王ヶ鼻
王ヶ鼻~王ヶ頭~山本小屋駐車場
行きも帰りも80分のコースタイムです。
靴はトレッキングシューズの方がいいですね。

山本小屋に向かう途中、三城の付近で

いい感じの沢がありましたので。

手持ちで0.5秒のSSは確実にブレますね。

車に三脚を取りに戻るのがめんどくさかったんです。

utukusi10

浅間温泉から1時間弱で山本小屋駐車場に到着です。

utukusi1

いきなり景色が良いです。

装備を整え出発します。

 

装備と言っても平坦なコースで

王ヶ頭にはホテルもありますので

私は一応トレッキングシューズを履きましたが

女将はスニーカー、手ぶらです。

 

特に持っていく物もないので、

私はドでかいカメラバッグに三脚です。

砂利道がずっと続き、少し歩きずらいですがどんどん行きます。

 

すぐに美しの塔がありますが

人がうじゃうじゃいましたのでスルー。

帰りに寄ります。

特に難所もなく王ヶ頭に到着。

utukusi2 utukusi4 utukusi3

ホテルでソフトクリームと温かいハニーミルクを堪能。

汗がひくと急に寒くなりますので温かいミルク最高でした。

 

王ヶ鼻に出発と思ったら、女将は行かないと言っております。

スニーカーでは歩きずらく、マメができて痛いみたいです。

 

ちょっと一人で行ってくるので待っててもらいます。

荷物を預け身軽なので早いです。

utukusi5

王ヶ鼻から王ヶ頭に向かう帰り道。

電波塔が違和感ありありで、またこれもいいかなと思います。

utukusi6

あまり待たせるのも可哀想ですので

30分弱で往復し、合流してすぐに出発。

 

どんどん歩きます。

砂利道が歩きにくいそうで、

「いいこと思いついた!!」とか言ってすみっこ歩きだしました・・・。

utukusi7 utukusi8

行きにスルーした美しの塔に到着です。

あっ!すごい逆光。しくじりました。

 

せっかく持ってきた三脚と望遠レンズ使います。

望遠で圧縮効果!!

ここで長い休憩して帰りました。

utukusi11

まとめ

・休憩も含め3時間ほどでした。距離は8キロくらいですかね。

・トレッキングシューズ履きましょう。

・メリノウールの靴下すごくいいです。長時間あるいても足サラサラです。

・これからの季節、美ヶ原いいですよ。

車で来て美術館だけ見学するのではなく

是非、歩いてみてください。

・カメラ機材重すぎです。途中投げ捨てたくなりました。

登山の時はD3200にしよう。

・塩くれ場、見るの忘れました・・・。


憧れのフルサイズ機

2016.05.17

ちょっとカメラの話を。

実は4月の一週目にニコンのフルサイズ機D750を使い始めました。

かなり使い込んだD3200に色々と不満が出てきまして
買い替えを検討していたところ、

1月にニコンからAPS-Cフラッグシップモデル
D500の発表!!!!!!

これだ!!これしかない!!
と大興奮しておりました。

が、実際の発売まで延期もあり冷静に考えることができました。
D500は私には明らかにオーバースペックであること。
D500を手に入れたとしても、
やはりフルサイズ機が気になるんだろうな。

もう、フルサイズ行っちゃおう!!

カメラ店でカタログをもらい、ネットを見ながら3カ月・・。

「欲しいな~。」「欲しいな~。」
「毎日毎日うるさいっ!!ほんっとうるさいっ!!
カメラの話はうざい!!そんなに欲しいなら、もう買えば!!
マジうざいんだけど!!」
よしっ!!作戦成功です。

所有しているレンズ5本が全てAPS-C専用でしたので
何本か下取りしてもらい、
広角ズーム、標準ズーム、望遠ズームの3本も同時に購入です。

記念すべき一発目のシャッターは、
ゆずさんと約束していましたので、ゆずさんです。
うーん。かわいい。と言うよりメスなのにイケメン。

今後はD750を使い近隣の情報を発信できればと思っております。

yuzusann2

D750大満足です。
が、一つだけ不満が・・・。

ニコンは上位機種D一桁、D800系、D500のアイピースが丸窓なのですが
D750は角型。

丸型に憧れますし
枠だけですので、
結構ゴミがたまったり
指で触ってしまったり
固いものが当たってキズが付いてしまうのも心配です。
(カメラバッグから取り出すとき早速、指を突っ込んで指紋べったりになりました。)

なので、ちょっとカスタム。

アイピースアダプターNEPS1に
ファインダーアイピースDK-17Fを
ねじ式になっていますので、くるくる回して取り付け
もともと付いているDK-21を取り外し交換するだけです。

最近発売されたDK-17Fはフッ素加工がしてあり
汚れやごみが付きにくいそうです。

huru huru2

 

これ、D3200にも付けられたりします。

ちょっとバランス悪くカッコ悪いですね。

huru3

 

 

 

 

 

 

 


日向山登山

2016.05.15

3月下旬ころに山梨県北杜市にある日向山へ登ってきました。

富士の国観光ネットより

山頂まで1時間40分ほどの気軽に楽しめる、初心者やファミリーにも人気の日向山。
標高は約1660メートルで、山頂付近の雁ヶ原では、夏でも雪のように真っ白な景色が広がっています。
この真っ白なものの正体は、花崗岩が風化したことによってできた白い砂。
樹林帯から突然現れるその不思議で美しい光景に、登山者からは歓声が起こります。
また、晴れた日には、八ヶ岳や鞍掛山(くらかけやま)・甲斐駒ヶ岳の大パノラマを楽しむことができます。
ハイキングコースには、矢立石から山頂を目指すコースと、尾白川渓谷の錦滝を通るコースがあります。
矢立石から山頂(逆も同様)のコースは、比較的緩やかで、初心者やファミリー方におすすめです。

 

丸一日のお休みは、ほとんど取ることができませんが
この日は、前々から計画し登山に行ってきました。
松本市のお隣、塩尻市にある霧訪山に登るつもりでしたが
日向山は雁が原からの景色が素晴らしいとのこと、
天気予報を見ると快晴でしたので急遽予定変更しました。

 

松本を出発して1時間30分
少し迷いましたが、登山口の矢立石に到着です。

さっそく装備を整え登り始めます。

hinata1

初心者やファミリーに人気のハイキングコースとなっておりますが

結構本格的な登山かなと思います。

急な登りがずっと続きます。

hinata2

ふらふらなので写真も盛大にブレます。

休憩をとりながらゆっくり登ります。

hinata9

熊ですかね。

怖くなり熊鈴をオン。

hinata8

完全に天気予報ハズレです。

霧雨&濃厚な霧で視界がほとんど無くなってきました。

hinata7

どんどん登ります。

ずっと斜度がきつくてだんだん腹が立ってきます。

(ハイキングコースなんて、軽いネーミングに腹立ちました。)

 

途中、追い抜いて行った男性がもう下山してきて

すれ違います。トレランの人だと思います。

走って降りています。

めちゃくちゃ早い・・・。

 

私達、コースタイム1時間40分のところ

2時間10分ほどかかってしまいました。

カメラ機材の他、装備が重すぎるのが原因でしょうね。

三脚はあきらめて車に置いてきて正解でした。

雁が原にとうちゃく~!!

・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・。

何にも見えない・・・・・・・・・。

カメラで撮るとなぜか少し写るのですが

肉眼ではほとんど何にも見えません。

hinata5 hinata6

 

まあ、達成感はありますし、おなかがすいたので

景色はあきらめて昼ご飯にします。

hinata4

こんなものまで持ってきているので重いわけです。

山でカップめん最高すぎます。

おにぎりも、もりもり食べました。

あまり食べ過ぎると下山がきついのでほどほどに・・・。

期待していた景色がありませんので

すぐ下山です。

 

下りはコースタイムと変わらず60分で行けました。

天気のいい日にリベンジ決定です。

 

 

関東方面~日向山登山~松本城~浅間温泉

なんてルートも時間的にちょうどいいので、有かなと思いますよ。

 

そうそう・・。

途中から無くしたことに気付いた軍手・・・。

登山口から150メートルに落ちていました・・・・。

hinata10