長野県温泉旅館ゆもとや

長野県温泉旅館ゆもとや

百名山・花の百名山 木曽駒ヶ岳登山

2017.07.22

去年から行きたい行きたいと言っていた木曽駒に登ってきました。

去年の秋に下見に行った記事も書きましたので、千畳敷までの交通はバッチリ頭に入っております。

(記事一覧から下までスクロールしていただき、ページをクリックしますと過去の記事も見れます。)

 

木曽駒ヶ岳は中央アルプスの最高峰。日本百名山・花の百名山に選ばれています。

ロープウェイで千畳敷まで行けますので、気軽に登れる2956Mの山です。

私「ゆずさん登山に行くよ。」

ゆずさん「朝4時にメイド(女将)に起こされたから眠いなり。勝手に行ってくるといいなり。」

私「・・・。」

もちろん、お留守番です。

 

浅間温泉から1時間ほどで、ロープウェイまでのバスが出ている菅の台バスセンターに到着です。

マイカー規制でここからはバスに乗ります。

バス・ロープウェイ往復¥3900駐車料金¥600なり。

ここから一気に千畳敷までワープします。

 

平日ですが、混んでおります。バスもロープウェイも臨時便が出ている模様。

30分ほど満員のバスに乗り、しらび平駅に到着しすぐに満員のロープウェイに乗り千畳敷駅に到着です。

今日の松本市は34度の予報でしたが、千畳敷駅は2612M。肌寒いです。

お天気は微妙です。

本日の標準コースタイム

千畳敷駅(20分)登山道入口(40分)乗越浄土(30分)中岳(30分)木曽駒ヶ岳

木曽駒ヶ岳(30分)中岳(20分)乗越浄土(30分)登山道入口(20分)千畳敷駅

3時間40分です。

 

早速、装備を整え出発です。と思ったらカッパがいましたので記念撮影。

駒ヶ根市のゆるキャラでこまカッパちゃんと言うそうです。

たまたま千畳敷に遊びに来ていたようです。

悪いおじさんも記念写真を撮って欲しかったらしいのですが、タイミングを逃したようです・・・。

気を取り直し出発です。

途中、残雪の上を歩きつつ、すぐに八丁坂と言われる急登の手前まで来ました。

ここで登山道と遊歩道に分かれます。

下から見るとうんざりするほどの登りです。

素晴らしい景色を見ながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。

きついですが、今日は交換レンズも三脚も持っていないので、荷物が軽く余裕ありです。

皆それぞれ自分のペースで登っていきます。

今日のメンバーは、悪いおじさん、女将、私の3名です。

どんどん登ります。

あー!あの有名なオットセイ岩を見るの忘れましたー!

 

乗越浄土に到着~。かなり時間かかったかな?と思いましたがコースタイムより早かったです。

休憩します。

これから向かう中岳。

伊那前岳方面。一番高くなっている所は和合山2911M。伊那前岳はさらに向こう側です。

稜線歩いたら楽しいだろうなぁ。

ここから往復80分なので今日はスルーします。

こちらは宝剣岳。

ここから往復40分。当初は行く予定でしたが、鎖場があったりでちょっと危険。三人そろって高いところが苦手なのでスルーします。

中岳に向け出発します。

悪いおじさん登りはめっちゃ早いです。

女将はここで「今日はしんどい。待ってるから行ってきて」

なんて言ってますが、せっかく八丁坂登り切ったんだからと励まし連れて行きます。

確かにこの登りを見ると戦意を失いかけます・・・。

振り返ると伊那前岳に続く稜線。

楽しそうな道。あっちに行った方が楽しかったかな?

なんて言いながら2925M。中岳到着~。

景色サイコーです。トリハダたちました。

しばし休憩して出発です。

ここから下って登り返す事は知っていましたが、実際見ると強烈でした。

距離は短いので、楽しんで行きましょう!!

いい景色を見ながら進みます。

お母さんと5歳の男の子が木曽駒から歩いてきました。

たいしたもんです。

ここまで全体的に難所もなく、歩きにくいわけでもないので疲れはあまりありません。

2956M。木曽駒に到着~。

広い山頂に登山者がいっぱいです。お昼にします。

焼き肉やっている人がいて羨ましかったりしました。

景色を楽しみながらのおにぎりは絶品。

カメラ機材を減らせば、荷物を増やしても全然平気なので次回はカップ麺&おにぎりにしようかな。

今日も女将のザックからはお菓子が無限に出てきます。

そしてなんとバナナまで・・・。バナナなんか持ってくるからバテてるんだよ!!

帰りは少し荷物を持ってあげます。

 

さて、千畳敷に戻ります。

帰りは高山植物を楽しみながら歩きます。

チングルマですね~。

チングルマとコイワカガミ。

んん?これ乗鞍岳でも見たような気がします。

イワツメクサとミヤマキンバイ。

こんな高地で頑張っています。

三色コラボ。

中岳に向けて登っております。

ここさえ登ってしまえば後は下りです。

そして中岳に到着。

乗越浄土を見下ろします。

千畳敷カールはガスっていそうです。

しばし休憩して進みます。

宝剣山荘でトイレを借りて、八丁坂へ。

ガスっていましたし急な下りが怖かったので、カメラはザックの中へ。

おおーー!!ラピュタだーーーー!!

慌ててザックからカメラを取り出しシャッター切りました。

山頂駅と千畳敷ホテルです。

わずか数十秒の景色でした。

どんどん歩きます。

私たちは大丈夫でしたが、転倒する人が続出でした。

どんどん歩きます。

クモマスミレ。

無事、千畳敷駅に到着。

ロープウェイ・バスは臨時便も出ており、満員でしたが待つこともなくすんなり菅の台バスセンターまで戻れました。

平日でこの混み具合ですので、週末や夏休みはすごいことになりそうですね。

八丁坂さえ越えてしまえば、後は絶景を眺めながら歩けました。

 

驚きましたが、普段着、普段の靴、ペットボトルだけ持って歩いている人を見かけました。命に関わる場合もありますので絶対にやめましょう。

慎重になりすぎる必要はないと思いますが、最低限の装備は用意して楽しみましょう。

 

距離6.0キロ 休憩含め4時間27分でした。